遥かなる開発

研究室で実験装置を動かしていて思うのだが、メカ的なものは本当に壊れない。エレクトロニクスは静電気一発でふっとんで、何千万円が墓標になっちゃったりするんだけど、自動乳鉢なんて、月~金で無停止状態で、モーターが熱くなったとしても燃えたりしないもんね。そりゃぁ、燃えちゃったらえらいことなんだけど、世界と戦っていると考えると、自動運転頼みになってしまうわけだ。この自動運転状態も重要である。

最近、空間的に離れた場所と2か所で同じことを目指して機械を動かしているのだけれど、同じ型の装置であっても出来上がりが全く異なるという状況になっている。片方は小生は全く見ることが出来ていないので、なんとも言えないのだが、当方の機械と同型のもので作業しているという。この同型というのが曲者で、何年もの差があって、同じ型式なんだけど、写真を見るとモーター周りのハウジングが違っていたりする。何しろ、メノウ製乳鉢・乳棒というのは一品ものでセットものということで、同じものが世界に二つとない。

結果がまるで異なるのだ。こんなことあんのか?というくらい謎めいているのだ。当初は高さ調整が違って混錬がうまくいっていないのではないかとかいろいろ考えたのだけれど、決定的な違いに関して当初から気になっていて、そこをクリアしていこうという方向で動いたわけだ。これなどは半導体産業に関わってきたからピンとくるものなんだけどね。当たり前の相違ということだな。

学生時代からやっていることで未だに悩む。だから技術を構築するという行為は面白いのだ。技術を構築する手法が研究ということなんだけど、その研究を支えるのが別の技術・道具だったりするので、その微妙な違いが、誤差範囲に収まるのかどうなのかを見定めなければ製品になっていかない。要するに研究と開発はまるで違うもので、開発に着手できると思っていても、まだ研究途上であったということも多々ある。これを乗り越えるといよいよ開発に向かっていける。関われることは有難いことである。

忍耐?

忍耐が流行っているようで、何かやらなくてはと思った時に、現状維持で切り抜けようとか、アンケートで外の意見を聞いて、それをエビデンスにして、今を何とかしようとするやり方。常に暴君と言われてきたわけだが、アンケートなんというものはエビデンスでもなんでもなく、過去の不平不満、不具合解決でしかない。挑戦という単語は引き出せないのだ。しかしながら、組織的にはなんというか、安寧感というか、誰も責任を取らなくて良い気になれるわけだ。

他大学のベンチャー規定などを調べてみると、房総大学さんなどは平成の終わりには、ベンチャー支援で知財を活用したいというときに、現金が無ければストックオプションを活用できるという定めを作っている。これは大学ではないが、Oさん細胞で有名になってしまった、小生もお世話になっていた埼玉の研究所などでは、ストックオプションで儲け度外視で起業させて、知財を活用しようという、そちらの動きにシフトしてきている。

死蔵している知財が沢山あって、維持費がとんでもないことになっているわけで、どうせ組織の重荷になるのであれば、ちょっとの可能性を作った方が良いではないか。それで停滞しきった日本の市場において、情報系を除いたコアテク系の企業が立ち上がってくるのは素晴らしいではないか。いきなり太平洋はできないわけで、小さな流れから取り組むのがよろしかろう。

結局のところリーダー論に戻っちゃうのだけれど、決心・決断はやらねばならない。みんなの意見を聞いてなんてやっていると、必ず船は迷走し沈没するのだ。漂着してどうにかなるかもしれないけれど、原住民に食い荒らされて終わっちゃうのだろうね。自らはこうありたいと思ってなったのでしょうから、その地位の人はやらねばならないのだ。

トップ考

トップの役目ってあって、兎に角、明るく前向きで無ければならない。何があっても挫けてはならない。人の前ではね。独りの時には泣いても愚痴を言っても良いのだけれど、人前でそれをやってはいかん。まぁ、それは自分が考えているだけで、一般論では無いけどね。外圧もあって、なかなか大変な大学経営である。

日本中の大学と言うか教育機関が恐れる2030年以降の受験生大減少時代。それまでにどんな経営で大学をきりもりするのか、大英断が必要になってくる。教職員諸氏も「今のままでなんとかなるだろう」と言ってはいられない。特に、今、50歳を超えた頃の先生方は、教育の場が無くなる可能性もあると、変革の覚悟でまつりごとに参加しなければならない。老害に振り回されてはならない。

AIツールの発展で、幼少の頃からベースとなる思考能力を高めることが可能になっている。学び続けなければならない。何を学ぶべきかは未来のビジョンから定めるべきで、求められるから学ぶということでは遅すぎる。興味を持ったものは、原理原則、原子・電子まで知り尽くさなければならない。AIがやってくれることは全てお任せで、この人ならではを持たねば無用の時代になる。いや、もうなっているのかもしれない。

どうも、若手が逃げ出しそうだと相談を受けたのだが、それってやっぱりトップがいかんのではないかと思ったりもする。上から目線で自らがアイデアを起草して挑戦しなければならない。挑戦は勇気がいる。しかし、成さねばならない。判断と決断。トップのお仕事である。のらりくらりでは生き残れない。そんな時代である。

やせた心

実質GDPが落ち始めたからかどうか分からないけれど、豊かな日本を目指そうという、何というか、概念的と言うか、啓蒙的と言うか、そんな講演会のお誘いが増えてきている。小生的には工学は笑顔の為にとずっと言い続けているので、余りにも当たり前すぎてどうリアクションしたら良いのか分からない。自社はこれを短納期・廉価で御社にお届けしますよということだけを川下企業は川上企業に強要してきた慣習が変わったとは思えない。

例によって引っ越しのお話も絡んでしまうのだが、価値観とか美意識とか文化とか、そんな意識で買い集めた書籍が続々と現れて、分子間力だけではなく、地域文化の発展の歴史とかね、本当に大切なところはそんなところにあるに違いないのに、無理やりの工学的アプローチで、公害を発生させたなんて議論はナンセンスだが、金銭至上主義をこのままつっぱしってもなと思うのだ。

カーボンニュートラルという議論だって、結局は、経済活動をより発展させながら、CNを達成させなければならないみたいな、企業が儲かり続けること、株と言う仮想空間でのゲームに浸って、それを工学は支え続けてきたわけだが、そろそろ知恵の高揚というか、人が人を幸せにする喜びというところを真面目に考えるべきである。

手元に「豊かな未来社会の共創」などというチラシが置いてあって、こんなもん、20年前に小生は学会でも授業でも話をしていたことだと、温故知新では無いが、昔のプレゼンを覗いてみても、豊かな未来社会の共創が儲けたお金を給与に反映させるにはという文字が浮かぶチラシをみて、結局はそこから脱却しないのだと、旧態依然の思考に驚愕する。やせた心だなと失笑するだけだ。

メタン濃度

温暖化がどんどん進み、日本の梅雨は、しとしとじめじめではなくて、どかぁんとした雨になるとのこと。日本は2009年に地球上の温室効果化ガスのリアルな状況を定量的に「観る」べく温室効果ガス観測技術衛星、通称GOSATを打ち上げ、今年中に3機目を打ち上げようとしている。観測データは公開されていて、地球の状況はどうなっているのかと眺めることが出来る。妙な言い方だが、CO2は堅調に増加していて、CO2だけ考えれば温室効果は2009年に比べて格段に増えている。もっと効果の高いメタンはどうかと言うとこれも赤道近傍で極端に増えてきている。

なんでメタンに注目したのかと言えば、コロナ禍中にシベリアの永久凍土が溶けて、人類が遭遇したことの無い細菌が大気に放出されるという話と共に、凍結された有機物が溶解によって腐敗して、メタンを放出し始めるという噂があったからだ。時々思い出していたのだけれど、そう言えばGOSATって、メタン観測も出来たんだったなと思い出し、公開されているデータを拝見したわけだ。

確かに増加しているのだけれど、絶対量としては赤道あたりにベルト状に増加しているのがわかる。大気に係る遠心力で、赤道付近に重いガスが集まっているのかと思ってしまう。最も太陽エネルギーが降り注ぐエリアに、熱エネルギーを蓄積できるガスが濃縮されていくのだから、温暖化の加速はより進むということだ。世界中でとんでもない嵐が巻き起こっている元凶がそんなところにあるのだとすると、CO2削減よりもメタンの排出量をマイナスにすることが効果的ではないのかと、リアルなデータを観ると思う。

人工衛星が地球上をくまなく検診しているんだけど、人類はその結果を正しい方向に活用しようとはしない。しているのかもしれないのだけれど、地球温暖化ガスは2009年以降、確実に増加している。そして、平均気温もそれにつれて上昇し続けている。相関関係はあるのだろうね。世界中でGDP向上競争をし続ける限り、活動により発生する熱エネルギーは減らないだろう。実質GDPを下げ始めた日本は、先進国で一番、温暖化ガスを出さない方向に向いているのかもしれない。生活に優しいか、地球に優しいか。気の持ちようかな?

知財経営?

知財経営をしましょう!なんて経産局どのは旗を振るのですが、特許庁では知財経営なんて言葉に定義付けなどしていない。経営戦略に知財を絡めましょうと言うことなんでしょうけれど、まぁ、定義づけに拘ってしまって、フレームワークみたいなもんが出来て、全部埋めたのに倒産したなんて言われても困るからね。結果的に知財を有効に活用できていた経営だったくらいが丁度良いのかもしれない。

大企業はちゃんと部門を構築して経営戦略の中に知財のポジショニングをしているのでしょうけれど、中小企業などそんな専門家を雇える筈も無く、地域の経産局が面倒見て上げるくらいのことをしないと、儲ける骨格に知財を入れ込むということはなかなかにして難しいでしょう。B2C商材を出していらっしゃるお企業様ならブランディングもとっても重要。商標なども忘れちゃ駄目で、むしろ、そっちの方を忘れてはならないと言えよう。

地域の特性にも気を配らないといけなくて、なんでそんなとこでやってんのというお会社も数多くいらっしゃるんだけど、ブランディングだけを考えてみると、地域って大いなる見方だし、人々の固定観念を上手に使うということは悪い事では無い。驚かせるより感心させる方が穏やかだしね。

大学においても経営戦略におけるブランディングはとっても重要だと思っている。と、言うか、人口大減少の時代において、旧態依然で済まされる筈はなく、思い切ってターゲットを絞り込んで、尖がることも必要だ。焦って動いたら負けという声もあるが、ゆでガエル状態は絶望的である。身の丈と言うことなんだけどね。身の丈を精一杯に使いきること。思い切りが必要である。

液晶よおまえもか・・

我が国から液晶ディスプレイメーカーが消えてしまうとの事。技術先行でビジネスで負けるというのは「またか」ということなのだけど、S社殿の液晶パネルにはちょっと想いが強かったので、とっても残念な感を抱いている。小生が博士課程学生の時、就職活動中に拝見した対角30cmの「超巨大」液晶パネルの迫力は物凄かった。これは凄いと思った。液晶を探すのは人力で、ノウハウの塊と言うのにも驚いた。35年も前のお話だ。技術が産業産品に化けた後は、価格競争だけになるのだなと寂しい思いがする。

K山工場も拝見いたしましたよ。凄いの一言だったのですけどね。その後、有機ELパネルの登場で、これも驚きましたね。これまた原理原則が解ってしまうと、どんどこ近隣諸国に主役の座を奪われて、結局、価格競争に負けっぱなしの状況は変わらない。ディスプレイというAI時代の主役のマン・マシンインタフェースなんだけど、日本製って何処に行ったら見つかるのかなと、なんだか寂しい思いばかりだ。

知財戦略だなどと言ってみても、要素技術って代替技術が出てくると、もう、そんな知財など要らなくなっちゃうわけで、それが大学発知財の最大の弱みだったりするんだよね。知財を提出してから学会発表という流れなんだけど、学者っていつの間にかカンコツまでしゃべっちゃうからいつの間にか真似されて、それよりも応用範囲が広くて活用しやすいものを出されてしまってギブアップ。

知財と共に起業して、自ら社会に出すというのは正しい方向性だと思う。勿論、基礎研究だけに打ち込んで、世界トップペーパーを出しまくっていらっしゃる研究者はそんなことをする必要は全く無いけどね。そうであっても気力溢れる若い学生諸君にチャンスを与えて、起業させる懐の広さを持って欲しいなと思ったりする。社会を楽しくする目に見える技術はあっという間に真似されて広がっていく。それは良い事だとは思う。人々を驚かせ続けることがどれだけあるのか?起業者にエールを送るばかりである。

学者の自由

技術経営と言えばMOT。MOTと言うと欧米では2000年過ぎには滅びた考え方で、その前からずっと続いているMBAが未だにライセンスとしては認められてはいるが、MBAを持っていますよと仰る方で、真っ当なビジネスモデルを語って頂けた方に、未だに出合ったことが無い。威張るだけ威張って、声が出掛ければ正義と言うのがMBAの流儀なのだろうなと思う。そもそも論、日本はちっとも豊かにならない。企業もどんどこ潰れていく。MBA持ちのコンサル殿があまたいらっしゃってこの体たらくはどういうことか。

もう一つ。学士院の皆さんが自分達で委員を決められないのはけしからんと大騒動があったと思うのだけれど、それと並行して、基礎研究者は自由な思考が重要なのだから、競争的資金は似合わない、だから国立大学当時の運営費交付金制度を復活させるべきだ!と声を挙げるが、これもナンセンスで、自由な思考は間違いなく許されねばならぬが、それは大学人の使命として、自らにしか出来ない教授法を創り上げ、自らの世界レベルの研究創造から得た知恵を活かし、次世代を育てる手法への思考が自由に許されているということで、税金を遊び金に使って良いという事では無い。

まぁ、今の政治家諸氏の様に、パーティーを開いて活動経費を稼ぐというのは余りにも品性お下劣で話にならないが、学者が遊び金を寄越せと、特に、教授レベルの人達が大騒ぎするのもお下劣と言わざるをえまい。科学研究費補助金という、自由に世界をリードする研究に挑んでい良いよという門戸は開かれているのだ。これが「貴方は提案してはダメ!」という規則があってはならないが、そうではないのだ。自由に挑戦できるのだ。こんな素晴らしいことがあろうか。

どうも気になる。ここをこうすればもっと良くなるだろうにと、目の前の装置の改造(改善にあらず)に躊躇しているようでは、挑戦者として失格だ。時間が掛かるから?掛ければよろしい。世界との競争で勝つ気があるのなら、眠っている間など学者には無い。それが学者の自由であって、これも見事に許されている。もっとも、最近は労災云々で週40時間までしか働いてはダメよということを言い出して、これがなんだか分からない。国家国民の為に汗を流して、それを働いていないと言われるのは癪である。学者はまなぶものである。有難いことだ。

宇宙イベント

昨日のことで古臭いが、チームメンバーから組織ネットワークが動かず、お仕事に支障が生じているという悲鳴が伝わって来た。お仕事環境の冗長性によって社会に対する停滞は回避できたのだが、それは小生が関与させて頂いている組織の本の一部の出来事であって、その組織においては責任と権力の一体化が徹底されていて、必要な決定を迅速に実行できるからだ。責任回避を第一に考える他部署とは異なる。

それはそれとして、何故にそれが発生したかと言うことなのだが、どうも先週からおかしかったとのこと。名古屋においては残念ながら観察することが出来ないオーロラを地球上に発生させた、X級太陽フレアの連続発生による磁気嵐発生が要因なのかなと勝手に想像したのだ。電磁気嵐による電子機器の異常動作や停電は、何というか、科学雑誌ではおなじみだったのだが、NICTのホームページの警報を拝見して、実際に生じるのだなと、宇宙のパワーに感激した。

ピラミッドパワーなんてのもあったなと、宇宙のパワーを集約して、重心位置に神秘の現象を発生させるというやつだが、クフ王のピラミッドなどで、何か発生しているのかなと夢物語を描いてみたり、どこぞの大学にあるピラミッド内部において、何か発生していないのかなと、次にお会いした時に聞いてみようとか、ビックバンよりも身近な宇宙イベントに、困ってしまうのだが楽しさを感じてしまうのだ。

近々の太陽活動の周期的活動における最大値は来年と予測されている。周期的活動なのだから、これはまぁ、当たるのだろう。すると、来年は今よりも激しくフレアが発生して、何かが生じるのであろう。核融合の揺らぎで宇宙放出される様々な電磁波、粒子線が、遥か太陽からやって来て、地球に襲い掛かってくる。遺伝子変異も生じさせて突然変異も発生するだろう。産業界にとっては警戒するべきイベントだが、学者的には愉快と感じてしまう。いつまでもガキである。

役職定年制度

工学に限らず、基礎研究って何かなって思った時に、今、生存している宇宙は何故できたかということを遡っていることに他ならないことに行きつく。ビッグバンという強烈なエネルギーが極微の一点に集中し、何故か生まれ、エネルギーの揺らぎが生じて外部に発散しながら、当然のことながら、反跳して爆発点に圧力を生みながら、エネルギーを質量に変換するイベントも生じさせながら、今の宇宙が生まれて135億年が過ぎたのだけれど、結局、生まれた元素を資源として無駄遣いする生命にはなっただけのことだ。

とある方が「僕は外との繋がりを無視して没頭することが基礎研究を実施することだと思っていた。しかし、外の世界では、人々がいろんな謎を解き明かしていて、そこに自分の居場所があるかもしれないと気付いた。そんな時に、あなたのような存在が役に立つと分かった。」と仰って頂けた。自分にも居場所があるのだなと、頑張ってきて良かったなと、実感させて頂けた。

大企業には役職定年制度を残して実行されているところが多い。100歳まで現役でピンピンコロリ社会を目指す我が国において、なんとなく古いルールだなと感じる一方、ビッグバンから続くエネルギーの連鎖で生まれた細胞分裂と言うエントロピーを小さくしたり大きくしたりする真理を考えると、若い、即ち、エントロピーが小さい段階で、次のステップに挑戦する環境があったほうが、従来を安定して継続するのではなく、破壊的イノベーションが求められる時代にマッチしていることは明らかだ。

「まだまだやれている」ということが旧態依然の踏襲ではなく、改革出来ているのだと感じていたとしてもそれは主体的な観点からであって、「まだまだやれている」という意欲がある段階で、自分を客観的に見直せる場に移行しようと思考するのが、宇宙の真理であろう。成熟した場は恐ろしい。場が持つ生命力が個を飲み込んでいく。それを感じたならば、自らの表現の場を転換して良いのだ。それをアシストする仕掛けが役職定年制度なのだろうと、粒子線治療と放射線治療との違いを説明していて思った。